求人募集が出た時にメールでお知らせしてくれる便利な方法 → 詳しくはこちら


Top >  地域の保健士 >  地域の保健士

地域の保健士

地域の保健士は次の3つに大別される。

保健所保健士
市町村保健士
国保保健士
地域の保健士は疾病の予防活動や健康の増進、在宅で病人を抱えている家族への家庭看護方法の教育、保健情報の提供などとともに、医療機関やかかりつけ医、訪問看護師などとの連携を促す役割も重視されている。地域保健法の規定によりその対象にはその地域に住むすべての住民が含まれる。保健士の業務は主に市町村保健センターと保健所で行われている。保健センターで働く保健士は乳幼児や妊婦、成人、高齢者など幅広い年齢層を対象としている。保健所保健士は障害者(精神・身体など)、難病患者を対象としたり、危機管理に関わることもある。現在では精神障害者に関する業務は保健センターで行われる割合が多くなっている。国や県から市町村へ業務移行がされる中、業務は保健所から市町村へ移行されることが多くなった。しかし、保健センターで働く保健士(市町村保健士)と保健所保健士の業務内容は明確には区別されておらず、現場が混乱する一因ともなっている。 そのため、市町村保健士と保健所保健士はスムーズに連携・協同できるよう定期的に会議などを開いていることが多い。

         

地域の保健士

関連エントリー

地域の保健士